脇脱毛で黒ずみができる原因とは?

カミソリや毛抜きによる脇脱毛は絶対にNG

脇のムダ毛をカミソリや毛抜きなどで自己処理している人はたくさんいますが、肌に負担がかかる自己処理を続けていると、肌が色素沈着を起こして黒ずみになってしまったり、毛嚢炎などのトラブルを起こしてしまうことがあります。例えば、カミソリを使った自己処理だと、肌の表面から出ているムダ毛に加えて皮膚の表面の角質層まで削り取ってしまい、肌にとっては大きな負担となってしまいます。赤くなったりヒリヒリしたりのトラブルを繰り返していると、そうしたダメージから肌細胞を守ろうとメラニン色素が活発に作られてしまい、それが色素沈着や黒ずみの原因となってしまいます。

脇は半袖やノースリーブを着る季節になると、他人からも良く見えてしまう部分です。そのため、わずかなムダ毛でも気になるという人は多いですよね。カミソリでの自己処理だと、男性のヒゲのようにほぼ毎日自己処理をしなければいけないため、少しでも処理の頻度を少なくしようと毛抜きを使って脇脱毛をする人もたくさんいます。しかし、毛抜きを使ったお手入れは、ムダ毛を引き抜くときに毛穴周辺の細胞に大きなダメージを与えてしまうのでおすすめの方法ではありませんし、ムダ毛が再生する前に皮膚が再生してしまって毛が皮膚の内側に伸びてしまう埋没毛になってしまったり、ダメージを受けた細胞に雑菌が侵入することで化膿したり、毛嚢炎のリスクも高くなってしまいます。

脱毛サロンや脱毛器による脇脱毛で、黒ずみを解消できる

こうした黒ずみやトラブルを予防したり解消するためには、肌に負担をかけない処理方法をすることが必要です。脱毛サロンなどに通わなくても、脇脱毛ができるフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器を使えば、肌に負担をかけることなくムダ毛を毛根レベルで破壊することができます。家庭用脱毛器は基本的な脱毛のメカニズムは同じですから、毎日のお手入れとして使っているうちに、ムダ毛が生えにくい肌環境を作ることができますし、再生してくるムダ毛は産毛化して、細く薄く目立たなくなってくれます。正しい方法で自己処理を続けていれば、肌のターンオーバーによって気になる黒ずみも少しずつ解消することができます。

このページの先頭へ