脇脱毛で毛穴が炎症を起こす原因と対策について

脇毛を抜く自己処理をすると、毛穴の炎症が起きやすい理由

脇脱毛をした後に、毛穴が炎症を起こして赤く腫れてしまったり、膿を持ってしまった経験がある人は少なくありません。これは、カミソリや毛抜き、脱毛ワックスやローラータイプの家庭用脱毛器などを使って自己処理をしたことが原因です。カミソリでの自己処理はムダ毛だけではなく皮膚表面の角質層もそぎ落としてしまいますし、毛抜きやローラータイプの家庭用脱毛器ではムダ毛を引き抜くときに皮膚細胞にもダメージを与えてしまいます。脱毛ワックスは化学成分が入っているので、敏感肌の人はトラブルを起こしやすくなります。

脇脱毛の際に皮膚に大きな負担がかかると、そこから細菌や雑菌が入り込んで、炎症が起こりやすくなります。ムダ毛の自己処理をする際には、毛穴の中や周辺にそうしたトラブルが起こりやすく、毛嚢炎と呼ばれる皮膚疾患になってしまうこともあります。こうした炎症は、通常は一時的なものなので、放置しても自然治癒することが多いのですが、場合によってはなかなか治らずに炎症がひどくなってしまうことがあり、皮膚科を受診して適切な治療が必要になることもあります。

脇毛の自己処理で毛穴が炎症を起こすと、治るまではやはり不快ですし気にもなるでしょう。しかしそれだけではありません。ダメージを受けてしまった皮膚細胞は、ダメージから細胞を守ろうとメラニン色素が活発に作られてしまい、色素沈着や黒ずみの原因になってしまうことがあります。肌の黒ずみは、一度ついてしまうと完治するのにかなり長い時間が掛かってしまうことが多いので、できるだけ黒ずむ前に予防したいものです。

毛穴が炎症を起こしてしまった時の対策

もしも毛穴の炎症が起こってしまった場合には、炎症や化膿をとめる軟膏を塗って処置しましょう。そして、できるだけ雑菌が入らないように清潔な状態を保ち、刺激などはできるだけ控えるようにしたほうが良いです。わきの下だと、衣類のデザインによっては脇の下が衣類で擦れることがあるかもしれませんので、気を付けてくださいね。擦れたりという刺激も、肌にとっては大きな負担となり、化膿や炎症が悪化する原因になります。

このページの先頭へ