脇脱毛器を使用する前の脇毛の処理について

脇脱毛器を使用する前に、脇毛を処理しておこう

フラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器などの家庭用脱毛器を利用する場合には、まず最初に肌の表面から出ているムダ毛をすっきりと前処理することが必要です。ムダ毛処理の方法にはカミソリや毛抜き、脱毛クリーム、そして電気シェーバーなどたくさんの方法がありますが、肌へのダメージを最小限に抑えるためには電気シェーバーを使った事前処理が理想的です。前処理をすることで、フラッシュやレーザーの波長が毛根部分に届きやすくなります。

電気シェーバーでの脇毛の処理について

男性なら、毎日の髭剃りで電気シェーバーを使っている人は多いでしょう。しかし、女性は電気シェーバーを使ったことがないという人はとても多く、使い方が分からなくて不安という人もたくさんいます。脇脱毛をする前の前処理方法として理想的な電気シェーバーは、カミソリのように肌表面の角質層を傷つけませんし、毛抜きのように毛を引き抜くわけではなく表面から出ている部分を剃るだけなので、肌への負担を軽減できます。また、肌質を問わずに使えるので、敏感肌の人でも安心です。

カミソリでの脇毛の処理について

最も手軽にムダ毛を処理できる方法として多くの人が使っているカミソリでの自己処理。しかし、この方法は、ムダ毛だけでなく肌表面の角質層もそぎ落としてしまうため、肌にとっては大きな負担がかかってしまいます。シェービングクリームなどを使っても肌が弱い人だと赤くなったり痒くなったり肌荒れを起こしてしまいますし、続けることで色素沈着にもなりかねません。カミソリで肌荒れが起こっている肌には、フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器を使わないほうが良いでしょう。

脱毛クリームでの脇毛の処理について

肌の表面がスッキリとツルツルに仕上がる脱毛クリームでの脇毛処理ですが、化学成分を肌に塗布するため、敏感肌やトラブルを起こしている肌には使うことができないというデメリットがあります。脇は特に肌が柔らかくてトラブルを起こしやすい部位なので、普段からかぶれたり赤くなったりしやすい人は気を付けたほうが良いかもしれませんね。また、脱毛クリームの使用後でかぶれている時には家庭用脱毛器でのお手入れはしないほうが良いようです。

毛抜きでの脇毛の処理について

肌の表面から出ているムダ毛だけでなく、埋まっている部分のムダ毛も引き抜くことができる毛抜きでの自己処理は、実は脇毛の自己処理法としては全くおすすめできない方法です。毛を引き抜くときに、毛穴周辺の細胞に大きなダメージを与えてしまい、そこから色素沈着の原因になってしまいますし、埋没毛や毛嚢炎も起こりやすくなるため、後からトラブルが起こりやすい処理方法なのです。また、毛抜きを使うと毛根部分の毛母細胞が抜き取られてしまうので、そこにフラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器を使っても効果がなくなってしまいます。

こうした家庭用脱毛器を使ってお手入れする場合には、まず毛抜きを使った自己処理は完全にやめることを心がけてください。せっかく照射しても反応するメラニン色素が毛穴の中に残っていないのでは、使う意味がありません。これまで毛抜きを使っていた人は、2週間ぐらい間をあけて肌の表面からムダ毛が出てきたなという時点で家庭用脱毛器を使い始めればOKです。

このページの先頭へ