家庭用脱毛器で脇を永久脱毛できるの?

永久脱毛とは

AEA(米国電気脱毛協会)によると、永久脱毛とは「処置を行ってから1か月後の再生率が20%以下の状態」を維持できる脱毛方法ということになります。日本ではこうしたはっきりした定義づけがされているわけではありませんが、永久脱毛というと、「続けることでムダ毛が再生してこなくなる脱毛方法」と定義づけられることが多いようです。脱毛サロンでも、繰り返して施術を受ければムダ毛の再生率はかなり低くなるので、永久脱毛と同じ効果を実感することができますが、AEAの定義によれば、脱毛サロンでや家庭用脱毛器を使った処理では永久脱毛とは言えません。この定義に当てはまるのは、医療行為としてクリニックで行う医療脱毛のみということになります。

クリニックで行われている脱毛方法は、レーザー脱毛と呼ばれるものです。これは、レーザーを肌に照射することによってメラニン色素や黒いものに反応させて熱反応を起こすというメカニズムになっているわけですが、クリニックには医師が常駐していて医療行為として施術ができるため、かなり強い照射出力で施術を行うことができます。それが、永久脱毛効果にもつながっています。脱毛サロンで行われているようなフラッシュ式脱毛では、照射レベルが強くできないために、どうしても永久脱毛効果にはなりにくいようです。

家庭用脱毛器でどの程度まで脱毛できるのか?

家庭用脱毛器でも、脱毛サロンと同じメカニズムで施術ができる脱毛器はたくさんあります。医療行為というレベルで照射できるわけではないため、永久脱毛にはなりませんが、リピートして使用することで毛根に壊滅的なダメージを与えることができますし、毛周期のタイミングや照射レベルによっては、毛根を完全に破壊してムダ毛が再生してこない毛穴を作ることもできます。そのため、繰り返して使うことで、ほとんどムダ毛が再生しない肌の状態にすることができるのです。

こうした効果を期待して家庭用脱毛器を選ぶ際には、毛根にしっかりとダメージを与えられるフラッシュ式脱毛器もしくはレーザー式脱毛器を選ぶようにしましょう。ローラーでムダ毛を引き抜くタイプの脱毛器では、毛根にはまったくダメージを与えることができませんし、色素沈着や埋没毛・毛嚢炎などのトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。脱毛器として販売されている商品でも、どんな仕組みでムダ毛を処理するのかによって、肌に与える影響やムダ毛の再生率などが大きく異なります。毛周期のタイミングに合わせて効率的に効果を得るためには、最初は3か月間は定期的につづけて使うことが大切です。

このページの先頭へ