ケノンで脇脱毛はできる?実際に4か月間使用した結果を写真で紹介

脇脱毛器ケノンの本体と箱。

「ケノンを使えば、脇毛のような太いムダ毛でもちゃんと脱毛できる?」
「ケノンの口コミが良すぎて怪しい・・・本当に効果はあるの?」

脇脱毛器として女性に大人気のケノンですが、本当に脱毛できるかどうか疑問に思っている人が多いようです。

しかし、ケノンなら脇毛のような太いムダ毛でもちゃんと脱毛ができます。

それどころか、予約が取りづらい脱毛サロンと違い自分のペースで脱毛できるので、むしろ短期間で脱毛できます。 私の場合、ケノンを2週間に1回、4か月間使用して脇毛がほとんど生えてこなくなりました。

ケノンが選ばれる3つの理由

最新のフラッシュ型脱毛器で脱毛効果が抜群!

ケノンは現在主流のフラッシュ型脱毛器。その中でもケノンは特に照射の出力が高く、脇毛のように太いムダ毛でも抜群の脱毛効果を発揮します。

照射面積が断トツの広さ!時間をかけず手軽に脇脱毛ができる

ケノンの売りは、何と言っても照射面積の広さ。エクストラカートリッジの照射面積は9.25㎠と他の脱毛器よりかなり広く、片脇なら照射レベル1でたったの10秒、レベル10でも1分足らずで脇脱毛できます。

安心の日本製で肌に優しい脇脱毛を実現!サポート体制も万全

意外と知られていないのが、家庭用脱毛器の多くが外国製であること。ケノンは「日本人の肌質に合った脱毛器」として開発から製造まですべて日本国内の工場で行っており、高出力でありながら肌に優しい脇脱毛ができます。購入後のサポート体制も万全です。

脱毛効果 照射レベル 片脇にかかる時間
評価5 10段階 10秒
脱毛方式 照射範囲 製造国
フラッシュ方式 9.25㎠ 日本

ケノン本体・付属品

ケノン本体のカバーを開いたところ。カバー裏には鏡があります。

ケノン本体に、カートリッジ3個(ラージ・エクストラ・スキンケア)・サングラス・保冷剤が付属。ケノン本体のカラーは、シャインピンク・パールホワイト・シャンパンゴールド・ブラックつや消しの4色から選ぶことができます。ちなみに私が購入したのはパールホワイトです。

ケノンの操作パネル・液晶画面

ケノンの操作パネルは液晶ディスプレイ付き。日本語表示でわかりやすい。

ケノンのカバーを開くと、中にはハンドピースと液晶ディスプレイの操作パネルがあります。操作パネルのボタンは、電源ボタン・モードボタン・調節ボタン(アップ・ダウン)の4つ。

液晶ディスプレイはカートリッジや照射設定情報を表示。

液晶ディスプレイには、使用しているカートリッジ・照射レベル・照射モード・連続ショット数・音量が表示されています。

それぞれの設定を変更する場合は、操作パネルのモードボタンを押すたびに、「照射レベル→連続ショット数→照射モード→音量→画面調整」の順番で切り替わります。

照射レベルと残りの使用回数が表示されるので便利。

照射レベル設定画面では、アップ・ダウンボタンで照射レベルを調整できます。現在装着しているカートリッジが、設定されているレベルであと何回使用できるかが表示されます。

照射最大レベルの10。注意マークも表示されます。

照射レベルは10段階で調節可能。カートリッジは消耗品で、レベルを高くするほど照射回数が減少します。エクストラカートリッジの場合は、レベル1で200,000発、レベル10で10,000発照射が可能です。レベル5以上にすると、照射の強さに注意マークも表示されます。

連続ショット数は1回・3回・6回の3段階で設定可能。効果が強いのは1回。

ケノンには連続ショット機能があります。ただしここでいう連続は、イメージとしては「分割」です。1発の照射を3回もしくは6回に分けることで、照射レベルは同等のまま、痛みを少なく照射ができます。

ただし取扱説明書によると、実際の脱毛効果としては通常の『1回(シングルショットモード)の方が変化を実感しやすい』とのことです。

ショットモードは手動と自動の2種類。

ケノンは手動照射モードと自動照射モードを切り替えることができます。手動の場合はハンドピースを脇に当てた状態で照射ボタンを押すことで、フラッシュが照射されます。自動の場合はハンドピースを脇に当てると自動で照射されます。

こんな人はケノンを使用できません

ケノンを使用する前にチェックしましょう。

ケノンの取扱説明書に使用上の注意が記載されていますが、特に注意したいのは「4週間以内に強い太陽光を受けられたり、日焼けをされた方」は使用しないように注意しましょう。日焼け直後の肌は敏感で外部刺激を受けやすいため、フラッシュの照射により肌トラブルを起こす可能性があります。

付属品

付属品のサングラスと保冷剤。特に保冷剤は高めの照射レベルの際に必要です。

フラッシュの照射を直接見ないように、サングラスが付属しています。また照射の前後に肌を冷やすことで、より痛みのない脱毛ができます。私の場合は、照射レベルが8以上でちょっと痛みを感じるときに保冷剤を脇に当てていました。保冷剤を当てながらだと、確かに痛みは和らぎます。

ハンドピース

ケノンのハンドピースは本体に収納が可能。ケーブルも長くて使いやすい。

ケノンのハンドピースは本体に収納できるので片付けの際もすっきり。ケーブルの長さは100cmで、普通に使う分には十分です。

ハンドピースはとても軽いので長時間使用しても腕が疲れない!

ハンドピースは握りやすい形でボタンも押しやすい。重さもスマホ並みの120gとかなり軽めで、長時間の使用でも腕が疲れません。手動モードの場合は、このボタンを押してフラッシュを照射します。自動モードを場合は、照射面を脇に当てるだけで自動的に照射してくれます。

実際にケノンで照射してみました

フラッシュの照射は、手動でシングルショットモードに設定。まずはレベル1から試して、少しずつレベルを上げていきました。

ケノン:レベル1

まったく痛みを感じません。というか感じるものがなさ過ぎて、逆にちゃんと脇脱毛できているのか心配になるぐらい。よほど肌が弱い人でない限り、レベル1で使用することはなさそう。

ケノン:レベル4

照射した瞬間に、脇に「パッ!」と空気を当てられる感じ。パピプペポの「パッ」みたいな。でも全然痛くはなく、ほんのり温かい感じがしました。まだまだ照射レベルを上げてもいけそう。

ケノン:レベル7

ここでようやく手ごたえが!・・・とは言っても、イメージとしては輪ゴムで軽く「パチン」って当てられる感じ。あと照射した瞬間の温かい感じが強くなりました。ようやく「脇脱毛できてる」感があります(笑)

ケノン:レベル8

レベル8からはちゃんとした痛みを感じます。今度は輪ゴムでほんの少し強めに「パチン」って当てられる感じ。照射した瞬間も温かく、ほんの少しだけ熱い感じもします。熱さは「カイロ(ホッカイロとか)」と同じぐらいで、それを一瞬脇に当てられる感じ。

ケノン:レベル9

痛みがより強くなり、細い針の先で「チクッ」てされる感じ。ただ慣れれば十分我慢できるぐらいの痛みです。照射した瞬間の熱さを感じる時間が、少しだけ長く感じます(とは言っても1秒より短いコンマ何秒とか)。

ケノン:レベル10(MAX)

最大の照射レベル10は、普通に痛い(汗)太めの針の先で「チクッ」てされる感じ。痛いのが特に苦手な人だとちょっと我慢できないかもしれません。照射した瞬間の熱さを感じる時間もさらに長くなります。確かに付属品の保冷剤を脇に当てながら照射した方が良さそう。でも「脇脱毛できてる」感はものすごくあります(笑)

ケノンを使用してみた感想

脇毛の脱毛として使用するなら、レベルは最低7以上ぐらいだと思います。レベル10でも十分に我慢できる痛みなので、安心して使えると思いました。

あと何より照射面積が広いので、とにかく楽ちんですね。片脇なら10回の照射で完了するので、時間も手間もかからず脇脱毛ができます。

ケノンはどこで買うのが一番お得なの?

ケノンは公式サイトのほかに、楽天やAmazonでも購入できます。

一番お得に安心して購入できるのは、やはりケノンの公式サイトです。一方、楽天とAmazonで購入する場合は注意が必要です。

項目 公式サイト 楽天 Amazon
税込価格 69,800円 69,800円 69,800円
付属カートリッジ 4個 4個 3個

本体価格は公式サイト・楽天・Amazonともに税込69,800円、送料無料と同じです。

しかしAmazonでは、付属のカートリッジが公式サイト・楽天の4個よりも1個少ない3個なので、損をしてしまいます。

また楽天では、クレジットカード決済できるカードの種類が少なく、分割払いだと3~24回払いで金利手数料がかかってしまいます。

ヤフオクなどでケノンは買わない!

ヤフオクなどのネットオークションサイトで売られている中古のケノンは、カートリッジの寿命が短いのはもちろん、故障時の補償がありません。またケノンの類似品(偽物)も出回っているので要注意です。

結論。ケノンは公式サイトで買うのが安心でお得!

脇脱毛器ならケノンがイチ押し!自宅で手軽に本格脱毛ができる

ケノン使用者の多くが、使い始めてからおよそ4か月で脇がツルスベに!脇脱毛器を選ぶなら、ケノンを選んでおけばまず間違いはありません。


このページの先頭へ