脇脱毛器の痛みを徹底調査!痛みの強さを比較してみました

脱毛器を買う前に気になるのが、照射した際の痛み。脇毛のように太いムダ毛にも脱毛効果が高い脱毛器を選びたいけど、痛みが我慢できないぐらい強すぎるのも困りますよね。

そこで、市販されている脱毛器を実際に照射してみて、どのぐらい痛みがあるのか、また脱毛器ごとの痛みの強さがどれぐらいなのかをグラフにしてみました

あくまでもサイト管理人の私個人の感想ですが、やはり口コミと同じような結果になりましたので参考にしてみてください。

そもそも、なぜ脱毛器は照射すると痛みを感じるの?

フラッシュ型やレーザー型の脱毛器で脇毛を脱毛する際には、はじめに脇毛をカミソリやシェーバーなどで剃っておきます。その状態で脇に照射すると、フラッシュやレーザーが発する光エネルギーが脇毛の毛根にダメージを与え、その瞬間に痛みを感じます。

つまり、照射した際に痛みを感じるのは、毛根にダメージが与えられた証拠でもあるのです。

基本的にフラッシュ型よりレーザー型の方が痛みを感じやすい

フラッシュ型とレーザー型の脱毛器ともに、毛根にダメージを与えて脱毛しますが、照射した際の光エネルギーの伝わり方に違いがあります。

フラッシュ型の場合は、照射する部分の肌全体を通じて黒い色素(毛根)にアプローチします。一方、レーザー型の場合は肌を通じてではなく、毛根に含まれる色素にのみ直接反応。そのため、一般的にはレーザー型の方が脱毛効果が高く、美容外科など医療脱毛の現場では高出力のレーザー脱毛器を使用しています。

しかし、レーザー型は高出力の光エネルギーを一か所に集中して照射するため、照射レベルによってはかなり強い痛みを感じます。

痛みを感じる度合いは、脱毛する部位にもよる

フラッシュやレーザーを照射した際に感じる痛みは、常に一定というわけではありません。特に痛みを強く感じるのは、ムダ毛が太く、毛根が深い部位です。

中でも「脇」は、腕や足など他の部位よりもムダ毛が太くて毛根も深いため、照射した際に痛みを感じやすい部位です。

照射の痛みを軽減するためには?

照射した際の痛みを軽減する方法のひとつは、照射する部位を冷やすこと。クーリングパック(保冷剤)などで肌を冷やすことで、照射による痛みが和らぎます。ケノンにはクーリングパックが付属していて、取扱説明書にも痛みを減らす方法として記載されています。

また、照射を繰り返すうちにだんだんと毛根の色素が薄くなっていくため、脱毛器を使えば使うほど痛みは軽減されていきます。実際私の場合は、ケノンを初めて使ったときはレベル7~8で照射していましたが、3回目からはレベル10で照射してもあまり痛みを感じなくなりました。

脇脱毛器の痛みをグラフにしてみました

私自身が実際に脇に照射してみて感じた痛みの度合いを、グラフにしてみましたのでご覧ください。

トリアの痛みの強さ

  • トリア Lv.1 ≒ ケノン Lv.1
  • トリア Lv.2 ≒ ケノン Lv.4
  • トリア Lv.3 ≒ ケノン Lv.10
  • トリア Lv.4 ≒ ケノン Lv.??
  • トリア Lv.5 ≒ ケノン Lv.??

トリアは5段階で照射レベルが調節可能ですが、レベル4・5はケノンのレベル10より遥かに痛いです。私の場合はケノンのレベル10でも脇に照射した時に結構痛かったのですが、トリアのレベル4・5は比較にならないぐらい痛いです。

特に脇は他の部位よりも痛みを感じやすいので、実際トリアで脇を脱毛するならレベル3ぐらいがいいかも。ただそうなると、同じ痛みなら照射面積が広い方がいいよねって話になるのですが。。。

レイボーテエクストラの痛みの強さ

  • レイボーテエクストラ Lv.1 ≒ ケノン Lv.2
  • レイボーテエクストラ Lv.5 ≒ ケノン Lv.4
  • レイボーテエクストラ Lv.10 ≒ ケノン Lv.9

レイボーテエクストラ10段階で照射レベルが調節可能ですが、全体的にケノンよりやや痛みは弱い感じ。どちらかというと痛みよりも熱さの方が気になります

他の脱毛器よりも照射した時にかなり熱くなるので、肌の弱い人はやけどしないように必ず冷やしながら脱毛した方がいいです。

エピレタの痛みの強さ

  • エピレタ Lv.1 ≒ ケノン Lv.1
  • エピレタ Lv.2 ≒ ケノン Lv.3
  • エピレタ Lv.5 ≒ ケノン Lv.6

エピレタは5段階で照射レベルが調節可能ですが、同じフラッシュ脱毛器のケノンやレイボーテエクストラよりも痛みはかなり弱い感じ。

最大レベルの5で照射しても、ほんの少しだけ輪ゴムで「パチンッ」と弾いたような痛みです。

光エステの痛みの強さ

  • 光エステ ≒ ケノン Lv.5

光エステはレベル調節機能がなく、一定の強さでフラッシュを照射。照射の痛みはケノンでいうとレベル5ぐらいで、こちらもほとんど痛みを感じませんでした。

むしろ本当に脱毛できてるのか心配になるぐらい。脇毛のような太いムダ毛の脱毛器としては、ちょっと物足りないような気がします。

脇脱毛器の痛みについてのまとめ

痛みの強さは、レーザー型脱毛器のトリアが断トツ。冗談抜きでアイスピックとか剣山とか、とにかく先が尖ったものでグサッと刺される感じがします。

他のフラッシュ型脱毛器は、最大レベルで照射した時はケノンが一番痛みを感じますが、慣れれば全然問題ないレベル。レイボーテエクストラは痛みよりも熱さが気になるところ。逆にエピレタと光エステは物足りないぐらいです。

「痛み=効果」と完全に結びつくわけではないかもしれません。その一方で、毛根にダメージを与えなければ脇毛を脱毛できないのも事実。

痛いということは毛根にダメージを与えている証拠ですが、痛みのあまり継続して使用できないのは本末転倒です。

実際に脱毛器を使用する際は、無理せず痛みを我慢できるレベルで照射することをおすすめします。

脇脱毛器一覧

このページの先頭へ